恋人・結婚相手に巡り合う為の自分磨きdiary

まちのりグルメから美容・健康までつれづれなるままに

体型の変化

ポッコリ下腹をスッキリさせるために

投稿日:

せっかくダイエットをして肋骨がうきでるようになったのに、下腹だけがポッコリして、なかなか贅肉がとれない。腕や足は細いのに、なぜか下腹だけが出ていて浮き輪がついているかのように、下腹部に肉がついている人いますよね。トレーニングに腹筋をしてみても、あまり効果ないどころか女性的なお腹ではなく、お腹が格闘家のように割れてしまったという望まない結果になったこともあるのではないでしょうか。下腹の肉を減らすためには、ダイエットやトレーニングに工夫やコツがあるのです。そのコツをお教えします。

下腹がでてしまう原因

気付いた時には、なかなか脂肪が落ちにくい状態になってしまっている下腹。スッキリしていたはずの下腹が出てきてしまうことの原因にはいろいろなことが関係していました。

①筋肉の低下

筋力の低下
脂肪と筋肉不足によって内臓が支えられなくなり、内臓が重力に負けてしまった状態が、下腹ぽっこりの状態です。お腹の筋肉が弱ってしまう原因は、常日頃からの行動や姿勢です。よく、猫背の人は下腹が出やすいなど聞きませんか? 肩や背中を曲げて行動すると、内臓を支える筋力は使われず、内臓を支える力が衰えます。

②腸内環境と便秘

便やガスが腸に溜まり、下腹がぽっこりしているように見えます。お腹に張りがある、痛みを感じるようなら、便秘が原因かもしれません。また、悪玉菌やカビなどが腸内環境を悪化させ、粘膜が敏感になります。そうするとアレルギー反応をおこし腸が腫れて、下腹がぽっこりしているように見えてしまいます。

③骨盤の歪み

骨盤は交感神経と副交感神経によって、開閉します。骨盤が正常な状態であればいいのですが、歪みが生じていると、骨盤は閉じることができずに開いたままになってしまいます。開いた骨盤では内臓が下がってしまい、ダイエットだけでは下腹のぽっこりは改善しません。整体などで骨盤のゆがみを改善すると、下腹のぽっこりがなくなる人もいます。

④妊娠と月経

妊娠している女性のお腹
妊娠中は骨盤が柔らかくなったり、産後は妊娠中の歩き方が癖になり、骨盤が歪みます。また、月経前や排卵時は、一時的に下腹がぽっこりとしてしまいます。
筋力強化のためのトレーニングやカロリー制限のダイエット効果がない人は、骨盤と腸に原因がある可能性が大きいです。また骨盤の歪みの原因は筋力不足、腸内環境の悪化は便秘と①~④の原因には、関連性があることもあります。

⑤病気

そして一番困った原因が病気です。卵巣がんなどによって、卵巣腫瘍ができてしまう。子宮筋腫・腸の病気などにより、下腹が出てしまうというものです。心配な場合は、病院に行って診察してください。

トレーニングで筋力をアップ


内臓を支えるために、腹筋を鍛えます。ですが普通の腹筋運動では、下腹の筋肉を鍛えるトレーニングにはなりません。一般的に言われるのは、自転車のペダルをこぐと下腹にはいいトレーニングになると言われています。腹筋のトレーニングで意識したいのは、インナーマッスルを強化することです。猫背やそり腰をなおし、正し姿勢をキープするだけでもインナーマッスルを鍛えるいいトレーニングになります。

下腹のトレーニングのコツとしては、体の上体(胸)を動かすというよりも、腰から下を動かすということを意識します。筋力を強化するためには、毎日コツコツとつづけることがなにより大切です。三日でトレーニングをやめてしまっては、なんの意味もないので無理のない範囲で継続するための工夫が必要です。日常生活で、下腹に意識をして行動するというのも立派なトレーニングです。お腹を思いっきり引っ込める、それをキープするだけでもいい筋力アップにつながります。もちろん、食事に気をつけるダイエットも並行して行うと効果は抜群です。

腸内環境と便秘の改善

ダイエットをしても下腹がぽっこりとしている人、ダイエット期間中に食べている物は、カロリーの低い物? それとも、この食材だけを食べるといった種類のダイエットではありませんか? 原因で述べた通り、便秘や腸内環境の乱れがぽっこりお腹の原因のひとつです。ダイエットで食べない、というよりも腸内環境を整える低カロリーな食事を心がけましょう。

野菜や大豆食品(豆乳・豆腐・オカラなど)、ヨーグルト・納豆菌などの発酵食品を積極的にとり、腸内の善玉菌にエネルギーや新たな仲間を投入し、悪玉菌をやっつけることで、腸内環境は改善されます。ダイエット時の食事は、カロリー制限ばかりを気にするのではなく、その摂取する栄養の質も考えて食べましょう。

冷えとむくみ

足湯をする女性の足
下腹を触ってみて、他の場所よりも冷えている。冷え性だという人は、改善しましょう。さらに、座りっぱなしの仕事をしているなどの理由で、むくんでいませんか? むくんでいると冷えを招き、冷えから体を守るために、そこに脂肪をつけてしまいます。

下腹ぽっこりを撃退するには、冷えとむくみも要注意です。お腹の冷えは、便秘、腰痛や肩こり、足への血流に影響を及ぼすので、スタイルだけの問題ではありません。入浴でしっかりと体を温める、体の温まる食事をする、運動をすることで、血流をアップするなど、温活にも気を配りましょう。

まとめ

下腹ぽっこりの原因は、ただ脂肪がついているだけではなく、便秘や腸内環境の悪化、骨盤の歪み、女性特有の理由や病気など様々です。冷えやむくみが下腹に無駄な脂肪をつける原因を加速させているかもしれません。

下腹の筋力アップには、足を上下させる、下腹を意識した生活をおくるなど、小さな工夫がトレーニングを続かせるコツです。腸内環境や温活を意識した食事ダイエットやトレーニングをしていても、効果が得られない場合は、すこし病気を疑い、病院に行ってみるのもいいかもしれません。

-体型の変化
-,

Copyright© 恋人・結婚相手に巡り合う為の自分磨きdiary , 2017 AllRights Reserved.